< 戻る

NEW

家田紙工 美濃手漉き和紙 水うちわ 小丸 (うさぎ) /台座付

つるりとした透明感で、見た目から涼しげなこちらのうちわ。
透き通っていることと、昔はこのうちわをサッと水に浸けてからあおいで、気化熱の効果で涼をとったことから「水うちわ」(水団扇)と呼ばれています。

この透明な美しさは原料の美濃手漉き和紙(雁皮紙)の薄さと強さにかかっています。
一枚ずつ職人が細心の注意を払って丁寧に手で漉いた和紙はフィルムと見紛うほどの透明感と薄さ。
それを骨となる竹に一枚ずつ貼り、天然のニスを塗って仕上げ、本物の水うちわが完成します。100%天然の材料から作られています。

名前の通りまんまるな形が可愛く、小粋なインテリアとして飾るのもおすすめです。
デスクに置いても邪魔にならないくらいのコンパクトなサイズが嬉しい小丸シリーズ。
水際をぴょんっと元気に跳ねるうさぎが躍動的に描かれています。


海外の方へのご贈答にも大変人気の商品です。

※水に濡れても大丈夫ですが、長時間水に浸けたまま放置すると白濁することがありますのでご注意ください。また、紫外線の強い場所に長時間放置しますと黄変する場合があります。
※天然ニスはアルコールで溶解しますので、ご酒宴等の席でのご使用はお控えください。

<「文香(ふみこう)」プレゼント中!>
水うちわをお買い上げいただいたお客様へ、今だけ天然香木を使った爽やかな香りの「文香」を1つプレゼントいたします!
その昔、大切な人へ送る手紙に香を焚きしめ、香りを添えて送っていたとされる「文香」。水うちわに香りを添えて、大切な方へお届けいたします。

※文香の絵柄はお選びいただけません。




ieda_logo

美濃和紙 家田紙工

岐阜県岐阜市

美濃和紙の歴史は古く、今から約1300年前まで遡る。
古来より保存用の文書の紙に利用され、現在では国宝の修復にも活用されている。
なかでも「家田紙工」は明治22年創業の老舗和紙問屋。長年に渡り、提灯用和紙の絵付けを手がけ、現在では江戸時代以降の伝統的な絵付け技術を継承するとともに、最新技術と伝統技術を組み合わせた新たな和紙加工製品の制作にも積極的に取り組んでいる。

ieda_001 ieda_002

商品名美濃手漉き和紙
水うちわ 小丸 (うさぎ) /台座付
メーカー名家田紙工
商品内容水うちわ(台座付)
素材水うちわ:美濃手漉き和紙(雁皮紙)、竹、天然ニス
商品サイズ
(縦×横)
23cm×12cm
化粧箱入り
商品番号24020664
ご注意事項・長時間水に浸けたまま放置すると白濁することがあります。また、紫外線の強い場所に長時間放置しますと黄変する場合があります。
・天然ニスはアルコールで溶解しますので、ご酒宴等の席でのご使用はお控えください。


ページ上部へ