< 戻る

残りわずか
旨い酒には、いい器。

宗像窯(八代 宗像利浩) 天目ぐい呑み

福島県会津地方の恵まれた自然の恩恵を受け、現在でも白鳳山で採れる的場陶土やナラ灰など地元の材料にこだわり、ひとつひとつ手作りで作陶している会津本郷焼の老舗窯元。
素焼きをせずに釉薬をかけてから焼く「生掛け焼成」という方法で作られる陶器は、ひとつずつが独特の個性と重厚な存在感を持っています。

特徴的なすり鉢型をしたこの黒釉の器。
天目(てんもく)茶碗のサイズを小さく作り、そのままぐい呑みに仕上げています。

天目茶碗とは、遠く鎌倉時代に中国の天目山に留学した僧侶が帰国の際に持ち帰った茶碗に端を発します。
低く小さい高台から胴が漏斗型に立ち上がり、口縁が外側に開いた形シンプルな形の茶碗を天目型といい、古来数々の銘品茶碗が生み出されてきました。幾多の戦国武将が愛で、いまでは国宝となっている曜変天目や油滴天目などもこうした天目茶碗のひとつです。

器をよく見ると、黒い釉薬の地に金色の細かい筋のような繊細な模様が見えます。
これは稲穂のてっぺんに生えるごく細かい毛のような筋に見立てて「禾(のぎ)」と呼ばれ、これが入る天目茶碗のことを禾目天目と称します。
鉄分を多く含んだ独特の黒い釉薬が窯の高温で熱されて細かな灰などと合わさって溶け出して極細の筋となって表れる、まさに自然に生み出される繊細な模様です。

このぐい呑みは、宗像窯八代当主 宗像利浩氏が禾目天目茶碗の製法で作り出す逸品です。
見た時、手に持った時、そして酒を注ぎ使ってみた時の趣深さはたまらないものがあります。

日本酒がお好きな方や、ぐい呑み・盃を収集されている方にはまさに垂涎の逸品です。

※すべて手作りのため、一点一点大きさ・形・色・模様に多少の違いがあります。
※電子レンジ、直火、オーブン、食器洗浄機のご使用はお避けください。
※ご使用後はよく乾燥させてから収納してください。



会津本郷焼 宗像窯

福島県大沼郡会津美里町

400年の歴史を持つ、東北最古の焼き物産地、会津本郷焼の老舗窯元 宗像窯。

創業は1718年(享保4年)。徳川吉宗が将軍の時代から会津で陶器を作り続け、1958年(昭和33年)には、ベルギーのブリュッセル万博に出品された「にしん鉢」でグランプリを受賞している。

当主の八代 利浩氏は、1997年(平成9年)の第14回日本陶芸展において、自分の名前を一文字入れた渾身の作品「利鉢」で日本陶芸展賞を受賞。さらに、2003年(平成15年)には同展で文部科学大臣賞を受賞するなど、各方面で高い評価を受けている。

今では息子の九代 利訓氏も加わり、地元の原材料を使った先祖伝来の釉薬と、素焼きをせず釉薬をかけてから焼く「生掛け焼成」を貫きながら、新たな表現に挑戦し続けている。

munakata_001 munakata_002

商品名八代 宗像利浩
天目ぐい呑み
メーカー名宗像窯
商品内容ぐい呑み
天目釉
素材陶器
商品サイズ
(直径×高さ)
約∅7.7cm×約5cm
桐箱入り
容量100ml(満水時)
商品番号SKC0680000020100000
ご注意事項・すべて手作りのため、一点一点大きさ・形・色・模様に多少の違いがあります。
・電子レンジ、直火、オーブン、食器洗浄機のご使用はお避けください。
・ご使用後はよく乾燥させてから収納してください。

「宗像窯(八代 宗像利浩) 天目ぐい呑み」に関連する商品


ページ上部へ