< 戻る

NEW
お皿

輪島キリモト 千すじ小福皿・中 (ねず)

輪島塗の本場で、デザイン、木地作りから漆塗りまで一貫して手掛ける輪島キリモト。
現代の生活に溶け込む漆の製品を発信し続けています。

“漆の器でカレーが食べたい”という思いから誕生した「小福皿」。
漆器でありながら、金属製のスプーンが使えるんです!!

これは輪島キリモト独自の「千すじ技法」によるもの。天然木の木地に布着せを行い、下地を施した後、「輪島地の粉」と漆を混ぜたものを特殊な刷毛で塗り込むことで、擦れに強く丈夫な仕上がりになっています。
漆器は通常金属のカトラリーを使うことはできませんが、千すじシリーズの器は表面硬度が高いため、金属製のスプーンやフォークを使えます。

千すじは他の技法と比べて、経年変化の幅が大きいところも特徴のひとつ。
はじめは黒味がかった「ねず」色が、使い続けるうちに明るくなり、オリーブグリーンのような深い緑色に変化する様子を愉しむことができます。

フチがしっかりと立ち上がったお皿は、スプーンが使いやすく、カレーを食べるのに最適な形^^ですが、パスタを入れてもいいですし、盛り皿としても重宝します。
深みのある色合いはサラダやフルーツを盛ると、食材の鮮やかな色合いをグッと引き立ててくれます。

下地からしっかりと作られた本物の漆器ですので、表面に傷や痛みが出てきても塗り直しができ、大事にすれば一生モノとしてお使いいただくことも。
ともに過ごす時間を重ねるほど味わいが増してくる漆塗りのお皿、贈り物としてはもちろん、ご自分への特別なご褒美にもおすすめです!

※食器洗浄機、電子レンジのご使用はお避けください。
※天然木・漆塗りの漆器ですので、塗り直しや修理も承ります。
※たわしやクレンザーのご使用はお避けください。ご使用後は柔らかいスポンジで洗い、乾いた布で拭いてください。



輪島塗・木工 輪島キリモト

kirimoto_logo

石川県輪島市

江戸後期から輪島漆器の製造販売を代々営んできた桐本家。
昭和の初めに木を刳ることを得意とする朴木地屋を創業。その後、漆器木地をはじめ家具全般を手掛ける設備を整えていく。

現当主である泰一氏は大学でプロダクトを専攻した経歴を持ち、木地業からの造形提案、デザイン提案、漆器監修などを始める。
朴木地屋を生業としながら、30〜40才代の力ある職人達と一緒に漆の器、小物、家具、建築内装材に至るまで、漆が今に暮らしにとけ込むような可能性に挑戦し続けている。

分業が主流な輪島の中で、木地職人、漆塗り職人を抱え、木地業だけでなく、自らが企画した商品をつくり販売する体制を整えた輪島キリモト。木地屋として確かな技術と実績があるからこそ、木地の注文から仕上げまで一貫して行うことができる。

工房には、いいもの、面白いものを作ってやろうという情熱的な目をした職人が集う。

kirimoto_001 kirimoto_002

商品名千すじ小福皿・中 (ねず)
メーカー名輪島キリモト
商品内容漆塗小福皿
千すじ技法
色:ねず
素材天然木(朴)、漆
商品サイズ
(直径×高さ)
約φ19.6cm×H4cm
化粧箱入り
商品番号20200169
ご注意事項・食器洗浄機、電子レンジのご使用はお避けください。
・たわしやクレンザーのご使用はお避けください。ご使用後は柔らかいスポンジで洗い、乾いた布で拭いてください。

「輪島キリモト 千すじ小福皿・中 (ねず)」に関連する商品


ページ上部へ