< 戻る

旨い酒には、いい器。

塗師一富 玉虫塗 面取細口杯

会津塗の本場 会津若松で代々続く塗師一富。
3代目の冨樫孝男氏は伝統を継承しつつ漆塗りの新たな可能性に挑戦し、斬新でスタイリッシュな漆器を世に送り出しています。

ハッとするほど艶やかなワインレッドの器。
一瞬ガラス製かと思いきや、実は木製漆塗りの杯なんです。
光の加減で色合いが微妙に変わる“タマムシ”の羽根に似ていることから「玉虫塗」と名が付けられました。
漆塗りの器に銀粉を蒔き、紅色の透明漆を塗って磨き上げるという工程を経て完成されます。

冨樫氏が自ら手を加え面取りを施したこだわりの形。
漆の"溜め"で陰影を表現し、縦の線を際立たせキレのある見た目に仕上げています。
すっと立ち上がったフォルムはお酒が舌の中央を通り喉の奥に流れるため、爽快な喉越しと味わいを堪能できます。

しっとり艶やかなたたずまいは洗練された大人のための酒器。
日本酒を楽しまれる女性にもぜひ。

※食器洗浄機、電子レンジのご使用はお避けください。
※たわしやクレンザーのご使用はお避けください。ご使用後は柔らかいスポンジで洗い、乾いた布で拭いてください。
※すべて手作りのため、一点ごとに色合いや形状に違いがございます。



会津塗 塗師一富 冨樫孝男

福島県会津若松市

室町時代からの歴史を持つ漆器産地の会津で、三代続く塗師一富。
3代目の冨樫孝男氏は漆塗りを意味する「髤漆(きゅうしつ)」を名乗り、会津出身ながら石川県輪島や長野県木曽など他の産地でも修行研鑽を重ねる。確かな技術に裏打ちされた多彩な漆塗り技法により、クリエイティブで美しい漆器製品を数多く生み出している。

木地に自ら削りを施し、国産の漆を生漆から手作業で製品の目的や特性にあわせて精製して使用するなど、最良の漆器を生み出すこだわりは塗りだけにとどまらない。

2012年からは会津漆器技術後継者訓練校で塗り専攻の講師を務め、後進の育成と漆器文化の伝承を行っている気鋭である。

塗師一富_冨樫孝男_001 塗師一富_冨樫孝男_002

商品名玉虫塗 面取細口杯
メーカー名塗師一富
商品内容漆塗細口杯(玉虫塗)
素材天然木、漆
商品サイズ
(直径×高さ)
約∅6.5cm×H7.5cm
(満水時容量 85ml)
化粧箱入り
商品番号20250164
ご注意事項食器洗い機、電子レンジのご使用はお避けください。

「塗師一富 玉虫塗 面取細口杯」に関連する商品


ページ上部へ