< 戻る

しん窯 青花匠 染付7寸皿 ぶどう

白地に青一色の濃淡で絵柄が描かれる「染付(そめつけ)」の器。
しん窯は江戸期から続く有田焼の染付磁器の名門で、「青花」のブランドを持ちます。
中でも、伝統工芸士 橋口博之氏が手掛ける、より洗練されたデザインの上質の器だけに「青花匠」のブランド名が付けられます。

こちらは、実りの豊かさの象徴でもあるぶどうが描かれた中サイズのお皿。
みずみずしさを表すために、ぶどうの房の輪郭を鉛筆で描いています。焼き上げる際に鉛筆の線は燃えて消えてしまうので、縁取りがない柔らかくみずみずしいぶどうの房が表れます。

洋風な雰囲気も感じられる、使い勝手のいいサイズの素敵な有田焼のお皿です。



有田焼 しん窯

佐賀県有田町

しん窯は、1830年天保年間(徳川第11代将軍 家斉の時代)に、鍋島藩の藩窯として築窯された有田焼窯元。当時、日用の食器とは別に大皿や大鉢などの荒物を作る窯は「新窯」と呼ばれ、それが窯名に受け継がれている。
現在では"藍色と白の染付のうつわ"を意味する「青花(せいか)」という独自ブランドにて、飽きのこない暮らしのうつわづくりに取り組んでいる。手描きの技にこだわり、白磁にユニークで楽しい絵柄を伸びやかに呉須(藍色)で線描された器は、おおらかで温かみにあふれ、熱烈なファンの多い窯元である。

しん窯 紹介画像 001 しん窯 紹介画像 002

商品名青花匠 染付7寸皿
ぶどう
メーカー名しん窯
商品内容磁器製七寸皿
染付 ぶどう文
素材磁器
商品サイズ
(直径×高さ)
∅約20.7cm×約3cm
箱入り
商品番号DLP0370000071300000

「しん窯 青花匠 染付7寸皿 ぶどう」に関連する商品


ページ上部へ