< 戻る

上出長右衛門窯 角皿 銀彩瓔珞手

百三十年続く九谷焼の名門窯元 上出長右衛門窯。九谷焼の伝統の色・形を現代にアレンジしています。

淡い藍色と銀彩が美しい「瓔珞手(ようらくで)」シリーズの角皿です。
「瓔珞(ようらく)」とは古代インドの貴族たちが身に着けていた装身具(アクセサリー)のこと。その華やかな意味合いから吉祥文様として長らく好まれてきたモチーフです。

オリエンタルな雰囲気を纏った細かな絵柄は、手間を惜しまずすべて職人が手描きしたもの。長右衛門窯が描くと、ふわっと柔らかく、かわいらしささえ感じる仕上がりです。

10cm四方の角皿は小さめの取り分け皿としてちょうどいいサイズ。
果物や洋菓子、和菓子を載せて、ティータイムに彩りを加えてくれます。

※食器洗浄機、電子レンジのご使用はお避けください。
※貫入が見られる場合がありますが、異常ではありません。



choemon_logo

九谷焼 上出長右衛門窯

石川県能美市

始まりは明治12年。創業130周年を迎えた歴史ある窯元。
成形から絵付けまで窯内で一貫生産しており、九谷焼の伝統を守って昔ながらの手仕事を続けている。扱う製品は日常の食器から茶道具までと幅広く、深い発色の染付技法は門外不出。
伝統の九谷焼ならではの鮮やかな上絵付けと、丈夫で美しい生地が身上。現在の長右衛門さんは四代目にあたり、その孫で、意欲的な活動が注目を呼ぶ惠悟さんが長右衛門窯のデザインや企画などを担当している。

choemon_001 choemon_002

商品名角皿 銀彩瓔珞手
メーカー名上出長右衛門窯
商品内容磁器製角皿
銀彩 瓔珞文
素材磁器
商品サイズ
(縦×横×高)
10.3cm×10.3cm×2.2cm
化粧箱入り
商品番号DMP0080000291300000
ご注意事項・すべて手作りのため、一点一点模様に微妙な違いがあります。
・貫入が見られる場合がありますが、異常ではありません。

「上出長右衛門窯 角皿 銀彩瓔珞手」に関連する商品


ページ上部へ