< 戻る

土直漆器×thermo mug URUSHI MOBILE TUMBLER MAKIJI SHU(漆モバイルタンブラー 蒔地 朱)

段違いの上質さ。
密閉性の高いスクリュー蓋により保温性・携帯性抜群のステンレスタンブラーを、日本の伝統工芸「漆塗り」で仕上げた”漆モバイルタンブラー”です。

1,500年の歴史を誇る福井県鯖江の越前漆器の気鋭「土直漆器」の製作。
越前漆器の中でも抜きんでた「堅牢さ」を誇る漆器製品を多く作っており、地元小学校の学校給食の器も手がけています。

ステンレスタンブラーは、シンプルでスタイリッシュなデザインと抜群の保温・保冷性能で人気の「thermo mug(サーモマグ)」社製。18-8ステンレスとAS樹脂の二重構造で温かさ(冷たさ)を長時間キープ。
密閉性の高いスクリュー蓋を採用し、容易に持ち運びもできるモバイルタンブラーです。

こちらは「蒔地(まきじ)」技法で仕上げられたプレミアムバージョン。漆を塗った後、「地の粉(じのこ)」と呼ばれる粗めの粉を蒔くことで、表面に細かな凸凹ができ、傷つきにくい仕上がりになっています。

マットな質感の朱漆は奥行きのある深い色合いで、別格の存在感。ざらりとした手触りは適度なホールド感があり、指紋がつく心配もなく、外出先で安心してお使いいただけます。

いつものコーヒータイムを上質な時間に変えてくれる、持ち運びもできる特別な”漆モバイルタンブラー”。
ご自分用に、特別な方への贈り物にいかがでしょうか。

※電子レンジのご使用はできません。食器洗浄機のご使用はお避けください。
※たわしやクレンザーのご使用はお避けください。ご使用後は柔らかいスポンジで洗い、乾いた布で拭いてください。
※直射日光を避けて保管してください。



越前漆器 土直漆器

福井県鯖江市

越前漆器の起こりは、約1500年の昔にさかのぼる。古墳時代の末期にあたる6世紀、片山集落(現在の福井県鯖江市片山町)の塗師が継体皇子からこわれた冠の修理を命じられ、冠の修理とともに黒塗りの椀を献上した。すると、皇子はその見事なできばえにいたく感動し、片山集落で漆器づくりを行うよう奨励。これが越前漆器の始まりと伝えられている。
土直漆器は、昭和37年「土直漆器店」として産声を上げた漆器メーカー。分業体制が確立されている越前漆器では珍しく、素地作り以外の全工程(下地、中塗、上塗、蒔絵)に専門の職人を抱え、同じ工房内で漆器を製造している。越前漆器の中でも抜きんでた「堅牢さ」を誇る漆器製品を多く作っており、地元小学校の学校給食の器も手がける。

tsuchinao_001 tsuchinao_002

商品名URUSHI MOBILE TUMBLER MAKIJI SHU(漆モバイルタンブラー 蒔地 朱)
メーカー名土直漆器×thermo mug
商品内容ステンレス製
漆塗コーヒータンブラー
外面:朱漆塗、蒔地仕上げ
素材タンブラー:
18-8ステンレス(真空2重構造)、AS樹脂、漆
蓋:ポリプロピレン
商品サイズ
(直径×高さ)
約∅9.7cm×13.8cm (300ml)
箱入り
商品番号CPM00330000542UM000
ご注意事項・電子レンジのご使用はできません。食器洗浄機のご使用はお避けください。
・たわしやクレンザーのご使用はお避けください。ご使用後は柔らかいスポンジで洗い、乾いた布で拭いてください。
・直射日光を避けて保管してください。


ページ上部へ