< 戻る

健陶藝 魚紋 急須(宝瓶)(赤)

沖縄では陶器のことを「やちむん」といいます。
その歴史は14世紀に遡り、大陸や南蛮の陶磁器の影響を受けた独特の風合いが今に伝わります。代表産地である那覇市壺屋地区や読谷村で作られる「やちむん」は壺屋焼と呼ばれています。

ご夫婦二人で営んでいる、小さな壺屋焼窯元 健陶藝。
子孫繁栄の縁起柄として「やちむん」の定番となっている魚の図柄をひとつひとつ器に手で線彫りして作られる、魚紋の器づくりの達人です。魚紋の素朴な可愛らしさ、赤と白のコントラストの美しさは抜群で、大変人気のある窯元です。

こちらは、持ち手のないタイプの急須で、宝瓶(ほうびん)といいます。
持ちやすいように上部を絞ってあり、本体と蓋を抑えながら湯呑にお茶を注ぎます。サイドには大胆に魚の紋を彫り、素朴でのどかな、海のそよかぜの景色を演出してくれます。
すべて手作りのため、宝瓶は複雑な形状のために製作に時間がかかり、生産量はごくわずか。本場沖縄でも手に入りづらい貴重なお品です。

同じく魚紋の湯呑みと合わせて、のんびりとリラックスしたお茶の時間を楽しんではいかがですか。

※ひとつひとつ手作りで仕上げておりますので、大きさ・形・色・模様に多少の違いがあることがあります。
※食器洗浄機、電子レンジのご使用はお避け下さい。



壺屋焼 健陶藝

沖縄県那覇市

壺屋焼の名工 新垣栄三郎氏を父に持つ新垣健司氏が、10年以上の修行の末に独立。2008年に沖縄県那覇市三原に開窯。壺屋焼の伝統意匠である「魚紋赤絵」を中心に、作陶を行っている。

こだわりは、白化粧と赤絵の発色。
赤い沖縄の陶土を使って白い器を作るには、白化粧といって、白土を水に溶かして器に塗って焼き上げる技法をとるが、鮮やかに発色させるには土選び、配合、塗り加減、焼き方など高度な技術が必要。
赤絵は、ほかの色を付けて焼いた器に赤絵の具で絵付けをしてから再度窯で焼き上げる手間のかかる手法を実直に行い、活き活きとした赤色を引き出している。

夫婦二人で営む小さな窯元だが、すべて手作り・手描きで作られる健陶藝の作品は、独特のあたたかみと可愛らしさを持ち、大変人気のある窯元である。

kentougei_001 kentougei_002

商品名魚紋 急須(宝瓶) (赤)
メーカー名健陶藝
商品内容陶器製急須(宝瓶)
色:白地、赤 魚紋
素材陶器
商品サイズ
(縦×横×高)
10.5cm×13.5cm×11.5cm
紙箱入り
商品番号TPC0280000021200000
ご注意事項食器洗浄機、電子レンジのご使用はお避けください。

「健陶藝 魚紋 急須(宝瓶)(赤)」に関連する商品


ページ上部へ