< 戻る

清峰堂 九谷和グラス(フリーグラス/青粒鉄仙)

九谷和グラスは九谷焼と江戸硝子を結合させてできたグラスです。
九谷焼の磁器でできた脚部分の絵付けは全て手描きにこだわり、グラス部分も手作りの吹き硝子(型吹き硝子)を用いているコダワリの逸品。

使い勝手のいいフリーグラス。
お水でもジュースでも冷茶でも、焼酎の水割りやワイングラスとしても、いままでのグラスにない独特のテイストで、「ちょっといい気分」を演出してくれます。

脚部分に、大正時代から続く九谷焼の伝統技法「粒(ちぶと読みます)」が使われています。こちらは「青粒(あおちぶ)」と言い、地色に青の絵の具を盛り上げてひとつひとつ無数の点を打ち続けていく、根気と技量のいる仕事です。
金絵の具で描かれているのは鉄仙(クレマチス)の花と唐草模様。鉄仙(クレマチス)の花言葉は「高潔・美しい心・深い思いやり」、唐草模様は「繁栄・長寿」を表す縁起柄です。

濃いめの地色に青粒、金の模様が加わり、シックでゴージャスな感じに仕上がっています。
落ち着いた大人の方におすすめです。

※2006年度グッドデザイン賞受賞
※食器洗い機、電子レンジのご使用はお避けください。



seihoudo_logo

九谷和グラス 清峰堂

石川県能美市

「清峰堂」は昭和39年創業。九谷焼の産地問屋として、商品の企画をし、消費地問屋や小売店への各種商品の卸販売をする一方、自社ショールームやネット通販などを手がけてきた。

九谷和グラスは九谷焼と江戸硝子を融合させてできたグラス。
九谷焼の磁器でできた脚部分の絵付けは全て手描き、グラス部分も手作りの吹き硝子(型吹き硝子)を用いるこだわりの逸品。
九谷焼とガラスという異素材を接合させるのは簡単なことではなく、接合部分の強度が充分でない為に開発当初はほとんどが剥離してしまったが、接合剤の調合や接合部分の研磨、温度・湿度管理など試行錯誤を重ね、約3年の月日をかけて完成に至る。
2006年度にはグッドデザイン賞(新領域デザイン部門)を受賞。磁器と異素材を接合する接合部分の強度が母材破壊レベルに達していることが高く評価された。

seihoudo_001 seihoudo_002

商品名九谷和グラス
(フリーグラス/青粒鉄仙)
メーカー名清峰堂
商品内容フリーグラス
脚部分模様:青粒模様 金線鉄仙柄
グラス:クリア
素材脚部分:磁器
グラス:バリウムクリスタル
商品サイズ
(直径×高さ)
約∅8cm×14.5cm
化粧箱入り
容量280ml
商品番号FCG01700001494KW000
ご注意事項・すべて手作りのため、一点一点模様やサイズに微妙な差異があります。
・磁器部分に貫入が見られる場合がありますが、異常ではありません。
・食器洗い機、電子レンジのご使用はお避けください。

「清峰堂 九谷和グラス(フリーグラス/青粒鉄仙)」に関連する商品


ページ上部へ